南の丘学園教育目標

「夢に向かい 

   自分らしさを生かして 

           ともに輝く子」の育成

 

~構成学校・園~

袋井南中学校・袋井南小学校高南小学校袋井南幼稚園高南幼稚園

 

令和2年度袋井南中学校生徒心得

○自分の力を世の中に問う

○明るいあいさつ! 元気な返事! いつでも笑顔!

 本ホームページの情報及び著作権は、袋井市立袋井南中学校に帰属します。写真等の無断転載はご遠慮ください

南中歳時記「自分の力を世の中に問う」

令和2年度 袋井南地区青少年健全育成標語

 本校からも259名の生徒が標語募集に参加し、青少年健全育成委員による選考の結果、5名の生徒の作品が優秀作品として選ばれました。

◎最優秀賞 阿曽 颯 さん(1年)「言葉には 見えない力 ひめている」

○優秀賞  村岡尚廣 さん(1年)「自分でも 知らないうちに ネット依存」

      髙橋采希 さん(1年)「ネットでは 取り戻せない 言葉たち」

      永冶 光 さん(2年)「思いやりは 相手を助ける 大事な心」

      鈴木絢女 さん(3年)「悪口は 書かない 言わない 伝えない」

2月24日(水) 1年生進路学習会・2年生修学旅行説明会を開催

《1年生進路学習会》

 ハローワーク就職支援コーディネーターを講師に招き、「働くということ」をテーマに働く意義や社会人となるために必要なことなどを学習しました。進路学習は、未来の自分のための学習です。未来のために人との関わりを大切にしながら、自分で考え積極的に行動していきましょう。

《2年生修学旅行説明会》

 新型コロナウィルス感染症予防の対策を取りながら、来年度は4月に山梨・長野方面へ3年生は修学旅行に行く予定です。袋井市との姉妹都市や友好都市のある両県で、思い出を作り、歴史を学び、安全で充実した修学旅行となるように準備を進めていきます。

2月9日(火) 南の丘学園リーダーミーティングで「良いあいさつ」を目指す

 袋井南中の生徒会正副会長、袋井南小・高南小の児童代表各4人が参加し、よりよい学園づくりのために話し合う「南の丘か学園リーダーミーティング」が開かれました。生徒会長が進行役となり、各校のあいさつ運動の取組みを紹介しながら成果と課題について話し合いました。

1月25日(月) 2年生がリモートで発表!袋井市中学生未来会議

 今年度の中学生未来会議は、市内4中学校と袋井市教育会館をリモートで繫いで、各中学校の学習実践を発表して開催されました。本校は、2年生の代表者が教科の学習を生かしながら、学年レクリエーションを生徒主体で企画し、実施した活動を堂々とプレゼンテーションしました。市長や教育長、教育部長からの質問や感想も受けながら、市内4中学校が交流しました。また、各教室では、会議の様子をプロジェクターで映して視聴しました。

1月22日(金) 桜咲く春を目指して本番さながら3年生面接練習

 3年生の面接一斉指導が行われました。志望校ごとに本校教員が面接官を務め、入試本番さながらの雰囲気でした。緊張しながらも、志望理由等を丁寧に答える3年生。桜咲く春まであと少しです。私立高校の入試は、2月2日(火)、3日(水)、公立高校の入試は、3月3日(水)、4日(木)に行われます。

 1月20日(水) 職員もリモートで南の丘学園研修会を実施

 南の丘学園合同職員研修会を袋井南中、袋井南小、高南小をネットワークで繫ぎ、オンライン会議で実施しました。まず、全体会を3校でリモートで行った後、さらに11グループに分かれ、各会場の職員同士が顔を見合って、ツールに意見を貼付けて図式化しながら話し合いました。

3学期から、1人1台の学習端末が整備され活用していきます

 児童生徒に1人1台の学習用端末を整備する国のGIGAスクール構想の一環として、学習用端末と高速大容量通信ネットワークの整備が完了し、この3学期から活用が始まりました。これから授業等において、「個に応じた学び」や「協働的な学び」を充実させ、考える力を育てるとともに学力向上を図る手立てとして、ICTを活用していきます。

1月6日(水) 令和3年が始まり3学期もスタート

 雲1つない青空の下、3学年が体育館に集って始業式を行い、南の丘学園袋井南中学校の令和2年度3学期、そして令和3年がスタートしました。始業式では、3人の代表生徒による希望にあふれた抱負が発表され、校長から「2021年未来予想」に込められた生徒への期待が話されました。

12月25日(金) 85日間の2学期終業式

 8月25日の校内放送による始業式から始まった2学期が、85日間の授業日数を経て終業式を迎えました。夏から秋、冬へと季節が変わる中で、感染予防対策をとりながら新しい形で学校行事等の多くの活動を行い、充実した内容の濃い2学期となりました。 

12月24日(木) 3学期からの一人一台ICT端末導入に伴う職員研修

 ギガスクール構想により、3学期から一人一人のICT端末が整備され、活用が始まります。それに伴い、校内で職員による活用研修会を行いました。

12月11日(金) 令和3年度入学生の入学説明会の実施

 令和3年4月に入学予定の児童・保護者を対象にした入学説明会を行いました。校長の話の中で、期待と不安はどちらが大きいか児童に尋ねると、多くの児童が「不安」と答えていましたが、今日の学校参観や学校説明を通して、大きな期待を膨らませて4月の入学式を迎えてくれるといいです。生徒も職員も温かい気持ちで入学を待っています。

12月9日(水) 1年生の参観会・懇談会、2年生・特別支援学級の進路学習会

 新型コロナウィルス感染防止のため、1年生の今年度最初の参観会・学級懇談会となりました。感染予防対策をとりながら、入学式以来の保護者が来校して行事が行われました。また、2年生は磐田東高校・常葉菊川高校・笹田学園、特別支援学級は第一学院高校・静岡高等学園から講師を招き、それぞれ保護者と生徒で学校の特色や求められる生徒像などについて話を聞きながら、進路について考えました。

12月7日(月) 南の丘学園コーナー完成

 今年度から幼小中一貫教育「南の丘学園」が本格実施となりました。美術部の生徒が手作りで作成した南の丘学園コーナーが玄関に設置され、南の丘学園の袋井南小・高南小の校長先生、袋井南幼・高南幼の園長先生を招いて披露会を行いました。

12月5日(土) サッカー部県大会出場(創部初)

 サッカー部が、新人戦で西部大会ベスト4に入り、静岡県U-14新人サッカー大会に出場しました。サッカー部の県大会出場は創部初となります。清水総合運動場で行われた県大会では、2回戦で東海大翔洋中に惜敗したものの、1回戦は東豊田中に4-0と快勝し見事な戦いぶりでした。

11月26日(木) 平和を願う意識を涵養「平和学習」

 広島から被爆体験伝承者である大中伸一氏を招き、平和学習を実施しました。例年行われている平和記念式典への参加を代替として、講師を招いた平和学習を行いました。2年生は体育館で直接講話を聞き、1・3年生は教室で袋井中での講演を視聴し、平和への思いを高めました。

11月20日(金) 南風祭第2部「生徒会企画」特技披露・未成年の主張

 南風祭2日目。生徒会企画として生徒主体で自主的に特技を披露したり、未成年の主張を語ったりしました。英語スピーチ、ダンス、リフティング、楽器演奏等、ステージ上で生徒の自主的な出演による特技披露に、認め合う気持ちが盛り上がる生徒会企画となりました。職員も参加し、全校で気持ちが1つになった南風祭。素晴らしい生徒と職員に…感動をありがとう。

11月19日(木) 南風祭第1部 「命と夢のコンサート」

 感染予防対策で今年度はこれまでと形を変えた南風祭。1日目は、「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる弓削田健介氏の映像とトーク&ライブによる「命と夢のコンサート」を行いました。いのちの尊さ、名前の幸せを願う気持ち…心に残る「話・詩・曲」を鑑賞しました。

 明日は第2部。生徒会企画による特技披露や未成年の主張を行います。

11月19日(木)~12月11日(金)

 日頃の学習の成果を中央廊下を中心に展示をしています。

11月13日(金) パラリンピック出場選手 佐藤圭太さんの講話

 3年生の総合の福祉学習で、ロンドンパラリンピック・リオパラリンピックに出場し、東京パラリンピックへの出場を目指す陸上競技選手の佐藤圭太さんを招いて講話を聞きました。中学3年の15歳で病気により右足を切断した佐藤選手が、「なりたい自分になる」と目標を持って陸上競技に取り組んできた経験をもとに講話してくださいました。生徒にとって、生き方として学び、心に響く話でした。

11月7日(土) 資源回収への御協力ありがとうございました。

 第1回資源回収が行われました。天候が心配でしたが、皆様の御協力でスムーズに回収作業を行うことができました。資源回収で得られた収益は、子どもたちの教育活動に利用させていただきます。御協力ありがとうございました。

11月6日(金) 令和2年度後期生徒大会の開催

 前後左右1mの間隔を取り、時間を短縮し、マスクを着用するなどの感染予防対策をとりながら、今年度初めて体育館に集まり、令和2年度後期生徒大会を開催しました。

 外への発信をしながらレベルアップしていこうという想いを込めて、生徒会スローガンを「飛翔」と設定し、後期生徒会がスタートしました。

10月26日(月) 「星火燎原!1」校内体育大会の開催

 さわやかな秋空の下、延期されていた校内体育大会を開催しました。感染症予防対策をとりながら例年とは違った体育大会でしたが、生徒一人一人の思いが1つになった最高の体育大会となりました。体育大会に向けた準備や練習、当日の行事への取組…南中生徒の皆さん感動をありがとう!

9月17日(木) 1年生NIE(教育に新聞を)出前講座

 静岡新聞社読者プロモーション局読者部長の吉本 寿 氏を講師に招き、NIE出前講座を開きました。メディアとしての「新聞」の特色や「新聞」の構成の等について、講話やワークショップを通して学習しました。1年生の生徒たちは、講座日の実物の静岡新聞を一人一人が手にしながら、かつてアナウンサーでもあった吉本氏の話を興味深く聞き入っていました。

9月17日(木) 2年生「未来授業」

 一般社会法人「未来授業」での応募に応じてくださった16名の様々な職種の講師の方により、「職業」について学習しました。生徒は、社会を構成する多くの職種について知ると共に、単に収入を得るための職業ではなく、職業によって社会が構築されていることや社会貢献に対する意識、やりがいや達成感について直接話を聴き、生きた学習をしました。

9月16日(水) 2年生マナー講座

 ハローワーク就職支援ナビゲーターの小池さんを講師に招き、職場における礼儀やマナーについて学びました。将来、社会人として身に付けるべき大切なことを講話や体験を通して知ることができました。

9月16日(水) コロナに負けるな!3年生ウォークラリー

 3年生が1日遠足に行きました。8:30に学校を出発して15:30に帰校するまで、ずっと徒歩での遠足です。午前中はエコパでウォークラリーをし、午後は法多山を自由散策をしました。コロナの自粛で我慢の生活が続く生徒たちは、学校を離れて友達とキラキラした笑顔で1日を過ごしました。

9月14日(月)交通安全教室

 1年生は、体育館で交通安全指導員を講師に招き、袋井市の中学生の交通事故の現状等の講話や自転車の安全な乗り方について実技実験を通して、交通安全に対する意識を高めました。感染症予防で密の状態を避けるため、2・3年生は、交通安全についてのDVDを視聴しながら交通安全教室を各教室で行いました。交通事故ゼロの継続を目指していきます。

9月9日(水) 南の丘学園研修会の開催(第3回)

 構成学校・園の職員が南の丘学園小中学校に分散し、第3回南の丘学園研修会を行いました。今年度、南の丘学園に赴任した職員が異校種の授業参観を行い、その後、南の丘学園の各小中学校を会場に南の丘学園構成学校・園の職員で研修会を行いました。今回の研修会は、ICTをどのように活用しているかの実践を紹介し合いながら、子どもたちに南の丘学園としてどのような力を付けていけばよいか話し合いました。今後も南の丘学園として、12年間の学びのつながりを意識した指導の実践に努めていきます。

9月8日(火) 生徒会長選挙リモート演説会・生徒会長選挙

 令和2年度後期生徒会立会演説会・生徒会長選挙が行われました。感染症予防のため今回は各教室と放送室とのリモートによる立会演説会を行いました。立候補者は力強く生徒会活動への夢を語り、教室の生徒は今後の生徒会活動を思い描きながら真剣に聞いていました。演説会後、各学年の廊下で投票を行いました。

8月28日(金) JAL国際線パイロットを招いて職業講座

 日本航空国際線パイロットの立川雄次氏を講師に招いて、2年生が職業講座を行いました。パイロットという職業についての説明、仕事をする上でのやりがいや苦労などの話と共に、「無限に広がる可能性を持つ中学生に、将来なりたい職業についてたくさん思い描いてほしい」と力強い語りに、生徒は真剣な眼差しで聞き入っていました。

8月4日(火) 「平和学習」をテレビ静岡と静岡新聞が取材

 11月に広島から講師を招いて行う「平和学習」の事前学習として、今年で75年目となる原爆の日を前に、袋井市からいただいた「原爆と人間」という冊子を使って、平和について考える授業を行いました。2年2組で行われた授業の様子をテレビ静岡と静岡新聞が取材してくださいました。

7月25日(土)

 本校体育館で吹奏楽部のメモリアルコンサートが行われました。3年生の保護者を招待し、全16曲を演奏しました。構成や演出も工夫され、聴いても観ても楽しめるコンサートでした。これまでの練習の成果を披露し、みんなの記憶に残る感動のコンサートとなりました。

7月19日(日) 運動部活動の3年生メモリアルマッチが開催

 本校で卓球部と野球部、袋井中で剣道部のメモリアルマッチが行われました。他の部活動は23日(木)に市内各会場で行われます。3年生の健闘を祈ります。

7月17日(金)

 磐周大会の代替大会として19日(日)から始まるメモリアルマッチを前に、これまで部活動を頑張ってきた3年生に対して、「3年生を応援する会」が行われました。それぞれ取り組んできた活動で身に付けたことが、堂々とした姿勢や各部長のメッセージに表れていました。各部の区切りとなる場面で、3年生がこれまでの練習の成果を発揮することを期待します。

7月15日(水)

 3年生の進路学習会を8校の高校の先生を招いて行いました。袋井高・袋井商・掛川西高・掛川工高・磐田南高・磐田北高・磐田農高・遠江総合高から選択した2つの高校の先生の話を聞いて、学校の様子を知り進路についての心構えを高めました。今回は生徒のみの進路講座でしたが、どの生徒も目を輝かせて真剣に話を聞いていました。

6月17日(水)

 今年度の「南の丘寺子屋」が開講されました。月2回(水曜日放課後)、袋井南中の生徒を対象に大学生や地域方が学習の支援を行っています。タブレットを使って学習したり、問題集に取り組んだり等、早速、自ら進んで学ぶ受講生の姿が見られました。

6月5日(金)

浜松こどもとメディアリテラシー研究所の長澤弘子さんを講師に招き、1年生生徒を対象に「メディアが心や身体に与える影響」というテーマで講話をいただきました。指先の操作一つで情報が不特定多数の間で行き来してしまう、ネット社会の中に潜む危険性について正しい知識を持つことは大切なことです。被害者や加害者にならないように、正しく使用していきたいものです。

6月3日(水)

1年生の避難訓練を行いました。第1回避難訓練は地震発生を想定した避難により、避難経路と避難の仕方を確認しました。生徒は「お(押さない)・は(走らない)・し(しゃべらない)・も(戻らない)」の約束を守り、真剣に訓練を行っていました。新型コロナウィルス感染防止のため、避難訓練も学年別で行います。6月5日(金)に、2年生は5校時、3年生は6校時に行います。感染症も心配ですが、自然災害もいつ起こるかわかりません。命を守る教育を今後も続けていきます。

6月3日(水)

3年生の5教科実力テストを行いました。生徒は自分の学習の力を発揮すべく、5時間のテストを集中して取り組みました。臨時休業が明けて3週間足らずですが、もう6月になりました。中学校卒業後の進路に向けて進めています。7月には、期末テスト・進路講座(生徒のみ)・三者面談が行われます。

6月1日(月)

臨時休業が明けて段階的に教育活動を行ってきましたが、本日から本来の日課(6時間授業、完全下校18:30)で教育活動を行っていきます。引き続き、感染症予防に十分に配慮していきます。

5月25日(月)部活動再開

新型コロナウィルス感染防止のため2ヶ月半に渡って活動を休止していた部活動が、今日から再開されました。感染防止対策とともに生徒の体調を考慮しながら時間短縮して1時間半の活動でしたが、生徒は部活動の再開を待ちわびたように生き生きと活動していました。1年生も今日は部活動見学とし、明日から仮入部・正式入部となります。

5月20日(水)

今日から給食が再開されました。新型コロナウィルス感染防止のため、健康チェックや手洗いなどの衛生面の徹底を図り、また食事中の机も向かえ合わせにしないで間隔を空け会話を控えて給食をいただきました。話もしないで静かな中での給食でしたが、教室で友達と一緒の食事に生徒の表情は明るかったです。

5月18日(月)

新型コロナウィルス感染防止のため臨時休業となっていましたが、緊急事態宣言が解除されて学校生活が再開し、学校の中に子どもたちの笑顔と明るい声が戻ってきました。引き続き、注意深く感染予防対策をしながら、長期にわたって学校生活から離れていた生徒の心と身体の負担を考え、段階的に身体を慣らしたり生活のリズムを整えたりし、慎重に学校を再開していきます。

5月7日(木)   オンライン授業に向けて職員研修しています

学校の臨時休業が続く中、家庭でICTを活用した学習が進められるように準備をしています。4月21日の登校日に家庭のインターネット環境を調査し、4月28日の登校日に環境が整わない生徒の家庭に学校のタブレット端末を貸し出ししました。連休中に学校からの質問に答えることで、学校からの情報配信の可否を確認しました。臨時休業期間が延長される中、ICTを活用しながらの家庭学習も進められるようにしていきます。

4月13日(月)

 ようこそ袋井南中へ!そんな思いを込めて新型コロナウィルス感染防止を配慮しながら、3年生の代表生徒が1年生に南中の学校生活を紹介する対面式が行われました。1年生の各教室で花束を渡し、その後、体育館で生徒会役員が中心に劇などで大変分かりやすい説明をしていました。

 

4月7日(火)

 新型コロナウィルス感染防止のため臨時休業が続き、心配されました始業式、入学式が、生徒間の間隔を空けるなどの対策をしながら行われました。始業式では2年生を代表して浜野さちさん、3年生を代表して鈴木真白さんが新年度の決意を、入学式では、中里百花さんが誓いの言葉を堂々と発表しました。